富士通(FUJITSU)のノートパソコンは、買い方のコツを知ると結構安いという事実!6つのコツを紹介

買い方
疑問
疑問

富士通(FUJITSU)のノートパソコンを、安く買う方法が知りたい…。

こんな悩み、ありませんか?

私はこれまで1000人以上の『パソコンに関する悩み』を、解決してきました。

その経験を活かし、あなたの悩みを全力でサポートさせていただきます。

内容はできるだけわかりやすく解説していますが、もしよく理解できない場所がありましたら気軽にご連絡ください。

    ズバッと結論

安く買う6つのコツを、駆使しましょう!

この記事の内容

  • 富士通のノートパソコンは、ネットで買おう
  • 10円でも安く買う方法

この記事を読むことで、『買ってよかったー』と思える一台に出会えます。

ベル
ベル

それではどうぞ!

富士通のノートパソコンを安く買う方法

ネットで比較して買う

疑問
疑問

富士通のノートパソコンは、どこで買えばいいの?

と、悩む方も多いですよね。

結論ですが、『ネット』を使うのが一番お得です。

そしてネットの中でも『公式サイト』が、

  • キャンペーン
  • クーポン

などが多く、一番安く買える場合がほとんど。

ただしAmazonや楽天市場でもそれぞれセールを行う場合がありますので、購入前には必ず『公式サイト』・『Amazon』・『楽天市場』の値段を比較しましょう。

各サイトの比較

富士通のキャンペーンを使う

富士通のノートパソコンを安く買うには、『キャンペーン』をうまく活用しましょう。

ただしキャンペーンによって、対応している機種や割引率が違うので注意が必要。

また、『キャンペーン』を行っていない時期もあるので、しっかりと確認することが大切です。

現在行われているキャンペーンはこちら

https://fmv.fccl.fujitsu.com/shop/pc/sale

富士通のクーポンを使って安く買う

富士通のノートパソコンを『かんたん』に安く・安く買いたい方は、クーポンを使用しましょう。

定期的なキャンペーンが開催されていない場合、欲しい機種を待っていると2〜3ヶ月かかる場合もあります。

そのため手軽にいつでも安く買うには、クーポンが便利。

クーポンは主に2種類あり、

が、あります。

ベル
ベル

メルマガのクーポンは結構お得なので、おすすめ。

詳しくは、次で紹介したいと思います。

メルマガに登録してお得なクーポンをもらう

富士通のノートパソコンを買うときは、必ずメルマガに登録しましょう。(購入後すぐに解約しても、大丈夫です。)

メルマガに登録すると、お得なクーポンや値引率の高い機種情報がすぐに届きます。

登録は1分で終わるので、今のうちに登録しておきましょう。

メルマガに登録する

学生は学割がお得

学生の方は、『学割』を使うこともできます。

この学割は、最新機種が1万円以上安くなる場合もありとてもお得です。

ただし使えるのは、対象の方のみ。

対象は

  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 専門学生
  • 大学生
  • 教職員の方

に、なっています。

学割ストア

必要以上のスペックはムダ

ノートパソコンを買うときは、『どのような使いみちをするのか』しっかりと考えましょう。

なぜならパソコンは使い道によって、必要なスペックが違うからです。

必要以上のスペックにしてしまうと、購入金額がぐっと高く…。

ベル
ベル

使わないのにムダ!

スペックは、下の表を目安にしましょう。

作業内容 CPU メモリ SSD
表計算・文章作成 i3 i5 4GB 256GB
一般的な作業 i5 8GB 512GB
ゲームやCAD i7 16GB 1TB
必要なスペックの目安

富士通のノートパソコンが安くなるタイミング

『ノートパソコンを買うのは、今すぐじゃなくてもいい!』という方は、

  • 決算セール
  • クリスマス・年末年始
  • 1月〜3月

など、安くなるタイミングを狙いましょう。

4月から新生活・新入学する人のための、『新生活応援キャンペーン』(主に1月〜3月)は、特にお得です。

富士通のノートパソコンを安く買う方法 まとめ

今回は富士通のノートパソコンを安くお得に買う方法を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

富士通のノートパソコンは、

  • ネットで比較
  • キャンペーン
  • クーポン
  • メルマガ
  • 学割
  • 必要なスペック

を、考えることで1万円以上安くなる場合があります。

これ以外にも安くなる時期もありますので、これから買う方はぜひ参考にしてみてください。

富士通(FUJITSU)で欲しい機種を探す

ベル
ベル

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました