【Lenovo-ThinkPad】RJ45拡張アダプターで有線LANを使う方法

【ThinkPad】おすすめの使い方
この記事は約4分で読めます。

(この記事では、Lenovo純正のRJ45拡張コネクターの使い方などを紹介しています。)

ThinkPadでは、モバイル性能のたかい機種ほど、LANケーブルを接続するポートがありません。

それじゃ-有線LANは使えないの??

と、感じる方がいると思いますが、コネクターを使えば有線LANをつかうことができます。

カテゴリーに戻る|使い方

RJ45拡張コネクターとは?

有線LANケーブルのポートがないThinkPadで、有線LANケーブルをつかう場合「RJ45拡張コネクター」があれば簡単に接続することができます。

使い方は簡単です。

「RJ45拡張コネクター」の片方は、下の写真のようになっています。

ここにLANケーブルを接続します。

そしてもう片方をThinkPadに接続すれば完了です。

両方つなぐと下の写真のようになります。

これで、有線LANケーブルを使って、ネットに接続することができます。

カテゴリーに戻る|使い方

持ち運びしやすいThinkPadほど、有線LANのポートは無い

ThinkPadの中で、とくに持ち運びがしやすい機種が多い「Xシリーズ」。

特にX1-Carbonなどの機種はとても人気があります。

X1-Carbonは、本体にカーボン素材が使われており、とても軽い機種です。

本体の暑さは、画面を含めて15mmしかありません。

カーボン素材とは

炭素繊維の長所を一言で言うと、「軽くて強い」という点である。鉄と比較すると比重で1/4、比強度で10倍、比弾性率が7倍ある。その他にも、耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性、電気伝導性に優れる。

Wikipediaより引用しています。

そのX1-Carbonも軽量化、コンパクト化で有線LANポートが無い機種になっています。

他にも、薄いT490sなどの機種もLANポートはありません。

カテゴリーに戻る|使い方

LANケーブルのポートがない、薄く軽いThinkPad

LANケーブルに使われているのは「RJ45」というコネクターです。

RJ-45とは

一般的に使用されているモジュラー式コネクター。RJ-45は、8本のワイヤー(4組)を備えたコネクターで、UTPを使用するLANやISDN基本インターフェースのコネクターに利用される。

weblio辞書より

このRJ45は、幅が約12mm高さが10mmあります。

(横幅約12mm)

(高さ約10mm)

 

そのため、薄いThinkPadなどにはポートを取り付けることができないのです。

軽く、コンパクトになってきたノートパソコンにはとても大きすぎるのです。

 

 

有線LANのポートがあると、本体が厚くなる

今回は、わかりやすいように有線LANのポートがある機種と、ない機種でどのくらい厚さがが違うか比較してみました。

まずは、有線LANポートがあるThinkPadです。

写真のように、RJ45拡張コネクターよりも本体が厚いことがわかります。

 

次にLANポートが無いThinkPadです。

写真では分かりづらいですが、RJ45拡張コネクターよりも本体が薄くできています。

カテゴリーに戻る|使い方

RJ45拡張コネクターの購入方法

RJ45拡張コネクターは公式サイトで、買うとことができます。

持っていて損はないと思うので、ThinkPadと一緒に購入することをおすすめです。

ThinkPad購入時のカスタマイズの画面で、オプションとして追加することができます。

ここで、拡張コネクターを選択するとThinkPadと一緒に届くようになっています。

他のコネクターも、見たい方はこちらからどうぞ↓
https://www.lenovo.com/jp/ja/

純正でなくても、いいという方はアマゾンなどで売っているこちらもおすすめです。

USB 有線LAN 変換 アダプタ usbハブ lan USB3.0 LAN 変換ハブ 3ポートRJ45コネクタ インタネットイーサネット 高速伝送 5Gbps (シルバー)

こちらは、LANポート以外にもUSBポートを3つに増やすこともできます。

カテゴリーに戻る|使い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました