【Lenovo】パソコン型番のわかりやすい調べ方

【ThinkPad】おすすめの使い方
この記事は約5分で読めます。
  • Lenovoのパソコンで、型番の調べ方は?
  • 今使っいるThinkPadは、どんなスペックなの?

こんな悩みを解消します。

 

Lenovoのパソコンを修理や買取に出すときに、型番やスペックを知りたい!

という、場合があると思います。

その場合は、コマンドを入力するだけで簡単に調べることが可能です。

この記事を参考にすると、とても簡単に素早く、型番やスペックを調べることができます。

記事の内容

  • 型番の調べ方
  • スペックの確認方法

カテゴリに戻る|使い方

【Lenovo】型番の簡単な調べ方(ThinkPad・ideapad共通)

それでは、型番の調べ方を紹介します。

今回はWindows10のThinkPadを使って紹介していますが、IdeaPadなどほかのパソコンでも同じです。

まずは画面左下に「スタート」があります。

右側に「ここに入力して検索」というところがあります。

そこに、「msinfo32」と入力しましょう。

すると、「システム情報(アプリ)」が表示れるのでクリックしてください。

クリックすると、今使っているパソコンの型番など、いろいろな項目が表示されます。

型番は「システムモデル」のところです。

そのほかにもOSの種類なども書いてありますので、調べたいことがあったら「msinfo32」のコマンドを使うことで簡単に調べることができます。

カテゴリに戻る|使い方

Lenovoパソコンのスペックの調べ方

紹介した型番の調べ方と同じ方法で、スペックなども調べることが可能です。

「システム情報」の項目は下のようになっています。

項目
OS名 使っているOSの種類
バージョン OSのバージョン
OSの他の説明 その他の説明
OS製造元 OSの製造元
システム名 システムの名前
システム製造元 システムの製造元
システムモデル 型番
システムの種類 32or64ビット版の確認
システムSKU パソコンのモデル番号
プロセッサ CPUの種類
BIOS バージョン/日付 BIOSのバージョン
SMBIOS バージョン SMBIOSのバージョン
埋め込みコントローラーのバージョン 埋め込みコントローラーのバージョン
BIOSモード BIOSの種類
ベースボード製造元 ベースボードの製造元
ベースボード製品 ベースボードの種類
ベースボードバージョン ベースボードのバージョン
プラットフォームの役割 プラットフォームの種類
セキュアブートの状態 セキュアブートの状態
PCR7 構成 PCR7の構成
Windows ディレクトリ フォルダの場所
システム ディレクトリ システムのフォルダの場所
ブート デバイス 起動可能な機器のこと
ローケル 言語
ハードウェア アブストラクション バージョンの確認
ユーザー名 ユーザーの名前
タイムゾーン 標準時間
インストール済みの物理メモリ メモリの容量
合計物理メモリ 使えるメモリの量
利用可能な物理メモリ 残りのメモリの量
合計仮想メモリ 仮想メモリの合計
利用可能な仮想メモリ 使える仮想メモリの量
ページ ファイルの空き容量 ページファイルの残り
ページ ファイル ページファイルの場所
カーネル DMA 保護 セキュリティ
仮想化ベースのセキュリティ セキュリティ
デバイス暗号化のサポート サインインが必要
Hyper-V – VM モニター モード拡張機能 設定内容
Hyper-V – 第 2 レベル アドレス変換拡張機能 設定内容
Hyper-V – ファームウェアで仮想化が有効 設定内容
Hyper-V – データ実行防止 設定内容

カテゴリに戻る|使い方

電源が入らない時の型番の調べ方

故障などで、電源が入らない場合があります。

その場合、型番のみなら本体裏に貼ってあるシールで調べることが可能です。

シールでは

  • Type → 型番
  • S/N → シリアルナンバー

の2つを確認することができます。

「Type」が機種名です。

カテゴリに戻る|使い方

Lenovoの型番の調べ方 まとめ

今回は修理などで型番を調べたいときに、確認する方法を紹介しました。

上で紹介した「システム情報」では、今使っているパソコンのCPUやメモリも確認することが可能です。

 

ちなみに、ThinkPadのキーボードはよく

「Fnキー」のある場所が、ふつうのパソコンの場所とちがい違和感を感じる!

と、いう方が多いです。

Fnキーの場所は、簡単に入れ替え可能です。

詳しくはこちらで紹介していますので、良かったらご覧ください。

【5分で入れ替え可能】ThinkPadのキーボードはctrlとFnキーが逆!

カテゴリに戻る|使い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました