【Panasonic】QVのウラの裏!価格・スペック・サイズ・仕様などを比較レビュー

パソコンは仕事や学校、趣味やコミュニケーションなど様々なシーンで利用され、私達の生活を便利にしてくれます。

しかし、種類や機能が豊富なためどのパソコンを選んだら良いのか迷うことも少なくありません。

本サイト(パソコンのぱ)では初心者から上級者まで、誰でも分かりやすくパソコンの基礎知識や選び方、使い方などを解説していきます。

ベル
ベル

あなたにぴったりのパソコンを見つけ、より充実したデジタルライフを送りましょう。

それでは『Let'snote QV』について、詳しく見ていきたいと思います。

→他の機種はこちら

↓↓↓

Panasonic公式サイトを確認する

↑↑↑

Let'snote QVについて

メーカー: Panasonic

シリーズ: Let'snote

値段(目安): 336700円

画面: 12インチ

この Let'snote QVは『 12.0型のコンパクトディスプレイを搭載しているので、本体がとてもコンパクトになっています。また、LTEにも対応しているので(eSIMも可)Wi-Fiが無い外出先でもネットを使うことができます。』 という特徴があります。

Let'snote QVのスペック

ベル
ベル

QVについて、わかりやすく紹介していくよ!

サイズ

273×209.2×
18.7(mm)

バッテリー

11時間

重さ

980g

値段

297000円〜376400円

タッチ画面

対応

指紋

対応

LTE

対応

画面のツヤ

ノングレア(光沢なし)

→他の機種はこちら

↓↓↓

Panasonic公式サイトを確認する

↑↑↑

Let'snote QVの詳細

サイズと重さ

QVのサイズは、

a)よこ幅:   273  mm

b)奥行き:   209.2  mm

c)厚さ:    18.7  mm

と、なっています。

重さは 980g で、一般的なノートパソコン(1200〜1800g) と比べて『 軽い』という特徴があります。

値段

QVは、約 297000円〜 376400円で購入することができます。

ただし構成やキャンペーンなどで大きく値段は変わります。現在の値段は Panasonic公式サイトで確認しておきましょう。

画面サイズ

12インチの画面が搭載されている QV。

A4用紙と画面を比べると横に約31.8mm小さく、縦に約61.2mm短いサイズになります。

バッテリー

Panasonicが公表している QVのバッテリーのみでの使用可能時間は、 11時間です。

ただしこれはJEITA測定法といって、

  • 無音、もしくは最低音量
  • セキュリティ→オフ
  • 動画再生ソフト以外停止
  • フルHD
  • ネット通信→なし
  • 輝度 150カンデラ

の状態で動画を再生した時間Aと、何もしないで放置して測った時間Bを『足して2で割った』数字。

通常の作業では同時にいくつかのソフトを使ったり、セキュリティが裏で動いている、音を出したりするのでどうしてもカタログ値よりも短くなります。

そのため QVはカタログなどで『 11時間 』と表示されていますが、実際には約 7時間ほどになります。

タッチパネル

QVはタッチパネルに 『対応』しています。

複数人で画面を操作したり、相手に説明しながらパソコンを動かす時に便利です。

指紋センサー

指紋センサーに対応している QVは、セキュリティ性能が高いのが特徴です。

人が見ている場所でパスワードを入力する必要がなくなるので、盗難にあって不正にログインされてしまうなどの恐れがなくなります。

LTE

QVはLTEに対応しているので、スマホのようにどこでもネットに接続することができます。

ただしLTEを使用するにはSIMを用意する必要があり、月額料金も発生します。

画面の艶(つや)

画面に光沢がないノングレアタイプです。

部屋の証明や背景が映り込みにくく、目の疲労が少ないのが特徴です。

ただし画面全体が白っぽくなり、地味なコントラストになるので注意しましょう。

↓↓↓

Panasonic公式サイトを確認する

↑↑↑

Let'snote QV まとめ

今回は Panasonicから発売されている QVについて、詳しく紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

QVは、『 12.0型のコンパクトディスプレイを搭載しているので、本体がとてもコンパクトになっています。また、LTEにも対応しているので(eSIMも可)Wi-Fiが無い外出先でもネットを使うことができます。 』という特徴があります。

値段はスペックや時期により変わるので、お得に買う方法を参考に、セールやクーポンを上手に活用して購入しましょう。

ベル
ベル

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

→他の機種はこちら

↓↓↓

Panasonic公式サイトを確認する

↑↑↑

タイトルとURLをコピーしました